プロフィール

当サイトへお越しいただいてありがとうございます!

FILMERSの管理人、SUKE3(すけさん※以後SUKE3)と申します。

このページでは簡単なプロフィールと、当サイトについてをお伝えしていきます。

よろしくお願いいたします!

管理人SUKE3(すけさん)のプロフィール

出身地:宮城県
誕生年:1983年
経歴:某大学職員(2006年4月~2016年5月)→2016年6月から個人事業主へ転身
趣味:サーフィン・スノーボード・スケートボード・空撮・写真、動画撮影・パソコン、etc…。
マイアイテム:キヤノン30D(ふるっ!w)・キヤノンS120(お気に入り♥)・GOPRO HERO2(HERO5がほしい…)・DJI Phantom3 Standard(空撮アイテム!)

1983年、ブラックホールから脱出することに成功。

地球の宮城県に降り立ち、宮城県で育ちます。

現在も宮城県に在住しています。

学生時代から動画や写真を撮影して編集するのが好きで、友人とのおバカ動画やサーフィン、スノボー動画を作って遊んでいました。

撮るのも好きですが、やるほうはもっと大好き!

夏はサーフィン、冬はスノボーと年中、海や山へレッツゴウ!

特にサーフィンは大好きで、いわゆる「ジャンキーサーファー」の一人でもありますw

ヨコノリ系のスポーツが大好きで、スケボーも気が向いた時にちょっとやったりもします。

ただ、スポーツをやるためのトレーニングは大嫌い。

なので、日々練習を重ね、試合をするような、競技的なスポーツには全く興味がなくてですね。。。

やると「イヤァッフゥ~~~~~!!!」と叫びたくなる「レジャースポーツ」しか興味がわきません。

そんなわけで、この世にある「レジャースポーツ」を全てを制するのが、私のライフミッションの一つでもあります!

このサイトについて

つぎにこのサイトについて、少し書いていこうと思います。

  • 記録は記憶の鍵になる!未来の自分への最高の贈り物!という話
  • 何気ない日常をもっと記録しようよ!と伝えたい
  • 記録に残すのにハイスペックなカメラなんて必要ない!
  • そこで登場!アクション(ウェアラブル)カメラ!

この4つのことについて、それぞれお伝えできればと思います。

記録は記憶の鍵になる!未来の自分への最高の贈り物!という話

写真や動画って、いわゆる思い出の一つとして、皆さん撮影していると思うんですね。

で、数年後その写真や動画を見ると、当時の記憶が呼び戻され、芋づる方式でその時の情景を思い出しますよね。

私は写真や動画って、単なる記録じゃなくて「記憶のトビラの鍵」だと思ってるんです。

特に動画はその時の声や人の動き、表情などがリアルに記録されているので、より記憶のトビラをガッツリあけてくれます。

これって、未来の自分への最高の贈り物だと自分は思ってるんですよね。

十数年後。

自分がジジイになって、過去に撮影した写真や動画を見ながら、家族や友人達と酒を交わす。

今から確信していますが、最高の肴になること間違いないんですよね。

何気ない日常の記録が意外に重要ということ

現在は、スマホに高性能なカメラが搭載され、誰でも簡単にクオリティの高い写真や動画を撮ることが出来る時代になりました。

また、ツイッター、インスタグラム、フェイスブック等のSNSのおかげもあり、「撮影する」ということが生活の中の一部になってきていますよね。

これって、実はすごいことなんですよね。

私が学生時代にこんな環境になっていれば、もっと当時の様子を記録できたのに…。

と、どうしようもない悔しさがありますからね…(^^;

学生時代から写真や動画の記録の大切さを意識しており、こと何かあれば必ずビデオカメラをもって、友人に「こんなとこも撮るのかよ~」と言われながらも撮影していました。

卒業して10年ぐらいたちますが、私が今感じていることは「何気ない日常をもっと撮影しておけばよかった」ということです。

当時も携帯にカメラ機能はありましたが、クオリティは低く、撮影する気にはなれませんでした。

ですので、こんな感じのDVテープ式のビデオカメラで撮影していたんです。↓

GR-DV3000の画像

これ、結構デカいんですよ。

でもって、テープ式なので、この部分消す!とか簡単にできないんです。

なので、テープは消耗品。

テープ代も学生の身分ではちょっと価格が高いんですよね。

そんなわけで、撮影するぞ!と前もって準備をしてからでないと撮影することが難しい時代でした。

毎日、こんなのバックに入れて携帯するまでの気合はなかったのでw

そうなると、撮影するシーンはイベントごとが多くなります。

それはそれで素晴らしい「記憶のカギ」になってくれるのですが、今になって私が感じていること。

それが「何気ない日常」です。

  • 友人達とバカ話しながら通学しているところ
  • 学生食堂でかわいい子を友人たちと探しながら食べる昼食のひと時
  • サークル活動での何気ない仲間の姿
  • ばあちゃんが茶の間でお茶を飲んでいる姿

そんなの撮影する意味なくない?と思う人も多いと思います。

ですが、この「何気ない日常」の価値を今はすごく感じています。

多分、何気ない日常と今は思うかもしれませんが、その何気ない日常を数年後、十数年後見た時のことを想像してみてください。

すんげぇ~~~~~~~~~~~~~~~懐かしぃ~~~~と思うはずです。

何気ない日常を記録に残すのにハイスペックなカメラなんて必要ない!

そんな意外に大切な「何気ない日常」を記録するために欠かせないもの。

それが、カメラですよね。

このカメラなのですが、購入しようとネットで検索すると、価格.comをはじめ色々な口コミ等を確認できると思います。

スマホにもカメラは付いていますし、一眼レフもあるし、コンデジという小さいデジカメもある。

そして、ビデオカメラもある。

スペックも機種によりさまざまで、調べれば調べるほど何がいいのか、わけがわからなくなると思います。

ここでお伝えしたい事は、今の時代、よほど変な機種を購入しない限り、どんなカメラでもそこそこいい画質で撮影できますよ。ということ。

カメラの世界には、いわゆるスペック重視のマニアと言いますか、スペックだけを重要視する人たちも多いです。

もちろん、それもカメラを楽しむ一つの手段です。否定は全くするつもりはありません。

私が伝えたい事は、あなたがカメラを使うゴール、目的を見失なわないで!ということ。

確かに、「せっかく記録に残すのであれば、少しでも高画質なカメラで撮影した方がいい!」と思うことでしょう。

ただ、画質を求めると、どうしても「一眼レフ」という商品を購入する選択肢の一つとして上がると思います。

一眼レフも今は動画も撮影できるようになっています。

しかも、一眼レフで撮影する動画は、背景をぼかして撮影することが出来たりもするので、映画のような動画も撮影することが出来ます。

「撮影」という目的であれば「一眼レフ」は確かに間違いのない選択だとは思います。

でも、一眼レフはそこそこデカいです。重いです。ポケットに入りません。

そして、三脚を使わない限り、自分の手で持って撮影することになります。

要は記録を残すということが

記録を残すことに執着しすぎて、その場を自分自身が楽しめなくなるジレンマ

要は記録を残すウェイトが多すぎて、何気ない日常も、イベントも自分の記憶が「撮影」になってしまうのです。

また、カメラというものはその機種によって使い方もさまざま。

一眼レフは、友達に代わりに撮影して!と頼んでも、ちょっとした説明から行わないといけなくなります。

それではせっかくの楽しい「今」の空気を壊すことにもなります。

また、自分だけ撮影していると、周りの人が逆に気を使ってしまうこともありますよね。

撮影が好きな友人が周りにいればいいですが、そんな本当に好きな人はそこまでいないと思います。

これでは、本末転倒ですよね。

自分もその場で楽しむことができる!アクション(ウェアラブル)カメラ!

そこで、私が行きついた一つの答え。

それがGOPROのようなアクション(ウェアラブル)カメラです。

GOPROは、上でいろいろあげた自分の中での色々な問題点をすべて解消してくれるカメラと言っても過言ではありません。

操作は簡単

体に取り付けて撮影も可能

撮影しながら自分も「今」を楽しむことが出来る

友人に撮影をお願いするのも非常に簡単かつ、お願いした人も「今」を楽しめる。

 

本当に好きな事をやれる環境が現代にはある

今の時代は非常に恵まれています。

インターネットが世界中に普及したことにより、パソコンさえあれば世界中どこにいても仕事ができる環境です。

数十年前には考えられない現実が今、私たちの身の回りに普通にあるんですよね。

ただ、この事実にまだ気づいていない人もいますし、気づいてはいるけど、具体的にどう行動していてけばいいのかわからない…。という人も多いと思います。

私は高校時代より、時間の対価としてお金を得ることに違和感を感じていました。

2014年から本格的にインターネットビジネスに取り組み、アフィリエイトというビジネスモデルのおかげで、サラリーマンから独立することが出来たんですね。

これ、自分が特別な存在だからということは全くなく、実は「やるかやらないか」だけだったりします。

更新日:

Copyright© FILMERS , 2017 AllRights Reserved.